【40代〜50代】手が老けて見える原因と、手の老化対策方法を紹介!

 

手のエイジングが気になる・・・

 

年齢よりも手の甲が老けて見える・・・

 

 

こんな悩みを抱えている40〜50代の女性は多いんです。

 

確かに手は年齢が出る部分でもありますし、さらに人の目につく部分でもありますので、手がキレイなだけで女性として若々しい印象を与えることができます。

 

ですのでこのページでは、手が老けて見える悩みを抱えている方に「老け手の3つの原因」と「老け手をケアするためのおすすめの方法」を紹介します。

 

 

手が老けて見える3つの原因とは?

 

手が老けて見えるという方は、中にはいろいろなケアを実践した方もいらっしゃるかと思います。

 

ただ、手のエイジング「老け手」のケアは、普通のケアをしていてはダメなんです。

 

その理由は、「老け手になる3つの原因」にあります。

 

●@肌のハリ・弾力が無くなっている

 

手が老けて見える方の中で「手の甲の血管の目立ち」も気になってはいませんか?

 

肌にちゃんと弾力があるなら、手の甲の血管は目立たないんです。

 

ただ、年齢を重ねていくことで、手の甲の肌の弾力やハリの元となる「コラーゲン」「エラスチン」が少なくなっていきます。

 

そのため、肌全体の肌のふっくらした感じがなくなってきてしまい、手の甲の血管が目立ってきてしまうんです。

 

 

 

●A肌の角質層の内部が痩せてしまう

 

加齢により、肌の水分や油分を保持する力は低下してしまいます。

 

そうなると、肌の角質層の中が痩せてスカスカな状態になってしまうんです。

 

この状態になってしまうと、肌には弾力の元になる成分を作る力も弱くなってしまうんです。

 

 

 

●B水分・油分を保持する力が弱くなり、肌がくすむ

 

肌の角質層の中がスカスカな状態に痩せてしまうと、角質層の水分・油分を保持するパワーもさらに弱くなってしまいます。

 

すると、若々しい肌のために必要なツヤも少なくなり、そのために肌がカサカサと乾燥のためにくすんでしまいます。

 

くすんだ肌は、老けて見える手肌になってしまうんですね。

 

 

 

 

上記の3つの原因によって、手の甲の弾力が無くなりふっくらとした感じを失い、テコボコ、ゴツゴツとした手の甲「老け手」になってしまうんです。

 

 

 

それでは、この「老け手」をケアするにはどうしたらよいのでしょうか?

 

その方法を紹介します。

 

 

老け手をケアするならこの方法がおすすめです!

 

老け手のケアは、普通のケアで行なうのは難しいです。

 

では、効率良く老けて見える手を若々しい手にケアする方法はないのでしょうか?

 

その方法として、おすすめなのが・・・

 

 

★老け手をケアする専用のものを使うこと!

 

 

老け手をケアする専用のものを使うことで、簡単に効率よく老け手をケアできます。

 

中でも、おすすめなのが・・・

 

 

★ハンドピュレナです!

 

 

 

ハンドピュレナは、老け手ケア専用に開発されたハンドクリーム。

 

1日2回の使用を毎日続けることで・・・

 

・血管が浮き出る、目立つ

・男性みたいなゴツゴツした手になってきた
・手が痩せてきた
・手がガリガリに見える
・手の甲のシワ・シミが増えた

 

上記の加齢による手の甲の老け手によくある悩みを解決してくれるんです。

 

 

また、ハンドピュレナは肌にもやさしい成分で作られているので、肌が弱い方も安心して使い続けることができます。

 

 

ハンドピュレナがどのように老け手ケアを可能にしてくれるのか?

 

その秘密は、下記リンクより確認してください。

 

★⇒ハンドピュレナが老け手をケアする秘密とは?

 

 

ただ、ハンドピュレナは販売から大人気となっていて、一時期は売れに売れて「3ヶ月待ち」になるのどの人気商品です。

 

今でも売れているため、時期によっては「売り切れ、何ヶ月待ち」となる場合もあります。

 

ですので、ハンドピュレナをもし買いたいという場合には、お早めのほうがいいですよ。