ニベアで手荒れを改善!効果を感じられないのはこんな方!

 

 

体だけでなく、顔にも塗るとモチモチ肌になれる!と話題になったニベア。

 

 

「顔にも効果があるんだから、手荒れにも効果があるんじゃないの?」

 

そう感じた方も多いと思います。

 

 

もちろん、ニベアで手荒れを改善することはできると思います。

 

ただ、すべての方の手荒れが良くなるとは言えません。

 

・手荒れにプラスして、肌がカサカサ!
・手荒れにプラスして、シワシワ!
・手荒れにプラスして、弾力がなくなってきた!
・手荒れにプラスして、手の甲の血管が目立つ!
・加齢によって、手荒れが悪化してきた!

 

 

もし、上記のような症状がある場合は、ニベアだけでは改善するとは言い切れません。

 

 

ニベアは、肌の保湿に効果が期待できる成分が配合されています。

 

ですが、「軽い手荒れ」に効果が期待できるものなんですね。

 

 

上記に挙げたような症状が出ている方には、ニベアでは効果はなかなかあらわれないかもしれません。

 

ニベアは、手荒れの「改善」ではなく「予防」に使ってほしい商品なんです。

 

 

では、手荒れが悪化してしまった場合はどうすれば良いでしょうか?

 

手荒れに加えて、シワ・乾燥・弾力不足が気になる方や、血管が目立ってきた方には、手のエイジングケア専用ハンドクリームをオススメします!

 

★⇒手のエイジングケア専用ハンドクリームの詳細!

 

 

重要!ひどい手荒れの原因と正しい対処方法とは?

 

手荒れは、起こってしまうと改善するのが難しいです。

 

 

何よりも、予防することが大事!

 

 

ただ、すでにひどい手荒れが起こってしまっている方も正しい原因と対処法を知ることで改善できます!

 

手荒れが起こる原因と対処法は、下記に挙げる4点です。

 

<1> 乾燥

 

空気が乾燥するに従い、肌も乾燥しやすくなりますね。

 

寒いと、新陳代謝も悪くなり、汗をかかなくなるため、余計に手の乾燥が進みます。
すると、手の保護機能も下がってしまい、手荒れがさらに進行します。

 

乾燥する季節は、ハンドクリームで手を乾燥から守りましょう。

 

手荒れ対策に、ニベアを使うのも良いですね。

 

<2> 水仕事

 

家事や仕事で、水を使うことが多い方も要注意です。
水・お湯や洗剤は、手に必要な油分まで落としてしまいます。

 

手の消毒に使うアルコールも、使い過ぎには注意!
アルコールが蒸発するのと同時に、手の水分まで気化してしまい、手の乾燥が進んでしまうんです。

 

水仕事の機会が多い方は、可能な限りゴム手袋を着用するのが望ましいですね。
今は、おしゃれなゴム手袋も手に入りやすいですから、お気に入りのものを見つけてみるのも良いかもしれません。

 

水仕事を終えた後は、ハンドクリーム等を使って、ケアをすると良いですよ。

 

<3> 加齢

 

20代のころは、手のハリがあったのに、30代以降になると、手がカサカサしてきた・・と感じている方も多いと思います。

 

加齢により、肌の水分保持能力は低下してきます。

 

それに伴い、肌が乾燥して肌の保護機能も低下します。
すると、手荒れが進行する・肌のハリがなくなる・シワが増える・毛穴が目立つ、等の肌トラブルが起こります。

 

手のハリが不足すると、手の甲の血管も目立ってしまうんですね。

 

このような症状が出てくると、普通のハンドクリームでは良くなりません。

 

手のエイジングケアに特化した、専用のハンドクリームを使うことをオススメします。

 

●⇒エイジングケア専用ハンドクリームの詳細をチェック!

 

<4> 自律神経の乱れ

 

自律神経が乱れると、手荒れが起こることがあります。
自律神経の乱れは、血流が悪くなる原因に。

 

その結果、血行不良が起こり、皮膚にまでしっかりと栄養・酸素を送ることができなくなってしまいます。

 

それに加えて、空気が乾燥している・水仕事で手を使いすぎると、手荒れが起こってしまうんですね。

 

ストレスがたまっていたり、寝不足になると、自律神経が乱れてしまいます。
自分なりのストレス解消法を見つけたり、きちんと睡眠をとるようにするなど、心がけてみましょう。

 

 

まとめ

 

軽い手荒れは、ニベアで改善する場合もあると思います。

 

ただし、手荒れが酷い場合や、手荒れにプラスして、シワ・ハリ不足・手の甲の血管が目立つ場合は、ニベアでケアするだけでは不十分です。

 

手のエイジングケアに特化したハンドクリームを使うようにしたいですね。