手の角質化のセルフケア方法!どうすれば若々しい手になれる?

 

このページでは、手の角質化をケアするための簡単なセルフケア方法を紹介します。

 

「手の肌のシワが増えた」
「肌がゴワゴワ・ザラザラしている」

 

これらは、手が角質化している状態!

 

手肌の角質化は「乾燥」「紫外線」「残った水分」が主な原因です。

 

手の甲には、皮脂腺があまりなく、手のひらには皮脂腺がありません。

 

なので、もともと乾燥しやすいパーツなんです。

 

 

肌は、たくさんの層が重なってできています。

 

肌の一番上にある「角質層」は、厚くなっている状態。

 

角質層で、肌荒れが起こったり、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が正常に行われないと、健康な肌に戻るのが遅くなってしまいます。

 

肌荒れを起こして、肌が角質化する前に、正しいお手入れをするようにしてください。

 

 

「私の肌は、もう角質化してしまっている・・・」と残念がることはありません!

 

時間はかかるかもしれませんが、きちんとお手入れをすれば、綺麗な肌を取り戻すことができるんです。

 

 

手の角質をケアするための大切な2つのポイント

 

手の角質をケアするときに大事なのは・・・

 

●角質を取ること
●肌を保湿すること

 

この2点です!

 

 

角質を取るだけでは不十分ですし、ただ肌を保湿すれば良いわけでもありません。

 

硬くなった肌の角質を取ったうえで、肌を保湿すると、肌に必要な美容・保湿成分が吸収され、手がふんわりと柔らかい肌になるんです。

 

 

では、具体的にどのようにお手入れをすれば良いのかを紹介します!

 

 

手の角質のセルフケア方法

 

【STEP1】

 

手をあたためて、血行を良くします。
その後、水分をきちんとふき取ります。
(水ではなく、お湯が良いですね。風呂上りがベストタイミングです)

 

 

【STEP2】

 

スクラブ・ピーリング・ゴマージュなどを使い、角質を除去する。
ごしごしこすらず、優しく洗うようにしてください。

 

※角質を落とす時は、やりすぎ注意です!
 やりすぎると、肌に必要な水分まで落としてしまうことになり、肌に刺激を与えることになります。
 角質落としは、1週間に1〜2回までにとどめておきましょう。

 

 

【STEP3】

 

手肌に、化粧水なじませます。
手の甲だけでなく、手のひらにも忘れずに。
保湿力のある化粧水だと、なお良いですね。

 

 

【STEP4】

 

おしまいに、ハンドクリームを塗って完了です。

 

 

重要なポイント!ハンドクリームを使うなら・・・

 

使用するハンドクリームは、いつも使っているもので大丈夫です。

 

ただ、手のエイジングサインがあらわれている方(手のシワ・たるみ・血管が目立つ、等)は、手の老化対策に特化したハンドクリームを使うと良いですよ。

 

 

手の老化対策に作られたハンドクリームは、角質ケアに加えて、手のエイジングサインに効果的な成分を配合!

 

効率的に、手肌の若返りケアが叶いますよ。

 

⇒⇒老けて見える手を若々しく変える専用ハンドクリームはこちら

 

 

外的な肌へのダメージにも対策しよう!

 

紫外線は、シミの原因となったり、肌の内側にまで悪い影響を与えてしまうので、手袋などで避けるようにしてください。

 

また、水仕事などで手に水分が残ったままだと、水分が蒸発するのと同時に肌が乾燥してしまいます。
ゴム手袋を使用したり、手に水分が残らないようにきちんとふき取るようにしてくださいね。

 

 

まとめ

 

顔以上に、人目につきやすい手元。
手肌は、肌の中でも老化が特に早くあらわれてしまうパーツです。

 

手が老けていると、全体的に年をとった印象を与えてしまいます。
反対に、手が若々しく綺麗だと、ハツラツとした印象を与えることができますよ。

 

時間と手間をかければ、今からでも手のエイジングケアは可能です!
手の老化が気になっている方は、すぐにケアを始めると良いですよ。

 

効率的にケアをおこないたい方は、老化対策に作られたハンドクリームを使ってみてくださいね!