【手の甲の血管が浮き出る原因】対策方法に注意!

 

「手の甲の血管が目立つ・浮き出るのをを何とかしたい・・・」。

 

そんなお悩みをお持ちの方に、血管の目立ち(別名:ハンドベイン)はどうして起こるのか。

 

また、どうすれば解消できるのか、自分でできる対策を紹介します。

 

良い方法がないか、探している方には是非参考にしてほしい内容ですので、確認してみてくださいね。

 

手の甲の血管の目立ち!ハンドベインとは?

 

手や腕の血管が目立ってしまう状態を「ハンドベイン」と言います。

 

ハンドベインという病気?と不安に感じた方もおられるかもしれませんが、病気ではないことが大半です。

 

血流に異常がある、というわけではなく静脈が拡張している状態にあるということなんです。

 

ハンドベインは、手の甲の血管が目立ってしまう症状ですから、女性にとっては好ましくない状態とも言えますね。

 

男性の手のようにゴツゴツして見えたり、実際よりも老けて見えてしまうことがあるため、困っている方が多いです。

 

 

また、多くの場合は、病気ではないんですが、まれに病気が隠れていることもあるので、下記には注意が必要です。

 

・血管の逆流防止弁に異常があり、血液が逆流して、静脈が拡張してしまっている。
・生まれつき、動脈と静脈の間に連結路(シャント)ができていて、静脈が拡張してしまっている。

 

これらの状態の場合には、手の血管が目立つ以外にも、症状が出ていることが多いんです。

 

手や腕がむくむ、痛みが出ていて、腕を下げていられないほど辛い、これらの症状がある場合は、一度病院を受診した方が良いかもしれません。

 

 

ハンドベインになってしまうその原因!

 

では、ハンドベインはどうして起こるのでしょうか。

 

ざっくり分けるとすると、

 

・老化によるもの
・生活環境
・遺伝

 

これらが挙げられます。

 

 

年を重ねるごとに、手の皮膚は老化して薄くなります。血管も老化して硬くなり、血管が目立ってしまうんです。

 

また、紫外線を長時間浴びていると肌にダメージを与えてしまい、炎症が起こります。
すると、肌が老化して血管が目立ってしまうんですね。

 

 

また、加齢に関わらず、遺伝により手の血管が目立ってしまう場合もあります。

 

遺伝の場合は、ハンドベインを改善するのは難しいですが、老化や生活環境により手の血管が目立っている場合は、日々の心がけや正しい肌ケアで改善することができます。

 

 

ハンドベインは、手肌の老化により起こることが多いので、肌を潤すのが先決です!

 

手のケア=ハンドクリームだと思っている方も多いと思いますが、ハンドクリームだけでは不十分です。

 

ハンドクリームは、油分を与えるだけなので、水分を補うことはできません。顔のケアと同じですね。

 

化粧水の中でも、保湿力に優れたものを使うとなお良いですね。

 

 

また、一般的なハンドクリームではなく、手の老化対策専用につくられたハンドクリームを使うこともオススメします。

 

老化が進んでしまった肌をケアするのは、一般的なハンドクリームでは時間がかかるかもしれません。

 

その点、手の老化対策専用のハンドクリームなら、エイジングケアのために成分を配合して作られているので、効率的な改善が期待できます。

 

 

手の血管の目立ちを何とかしたい方、手の潤い・ハリ・弾力を求める方は、手の老化対策専用のハンドクリームを試してみてください。

 

⇒⇒手の血管が目立って困っている方に!専用ハンドクリームを紹介します!

 

 

まとめ〜手遅れにならないうちに・・・

 

手が綺麗だと、若々しい印象を与えることができます。

 

手のゴツゴツ・ガサガサ・潤い不足で困っている方は、この機会に手軽にできるケアを始めてみませんか?

 

放っておいても、よけい酷くなったり、手遅れになることがあっても、良くなることはありません!

 

できるだけ早く、手の甲の肌ケア・エイジングケアをしてくださいね。

 

雑誌掲載も多数で、

多くの方が嬉しい効果を実感!

初めての方でも安心の返金保証付き!

↓↓詳細はこちら↓↓